株式会社MCE





レゾルバ整備
PG整備

速度検出器


速度検出器整備
レゾルバ整備
   
PG整備




 電動機の速度検出には TG(タコゼネ)、PG(パルス発信器)、レゾルバが使用されています。
 特に最近ではレゾルバを使用するケースが多くなっております。 
 レゾルバは小型でブラシレスの為メンテナンスフリーという利点の反面、小型ゆえに使われている
 ベアリングも小さく、ベアリング異常によりドライブ装置故障の原因につながり、安定した操業の
 妨げとなります。

 しかしながら、高価で精密度の高い部品であるため殆どの場合整備ができず、使い捨て状態でした。
 
 弊社ではレゾルバの構造、理論を熟知した上で分解・清掃・ベアリング交換・組立・試験ができる
 技術と設備を整え、試験成績表を添付しお客様に納めております。


 2007年の実績では合計133台 
 2008年の実績では合計189台 
 2009年の実績では合計159台 
 2010年の実績では合計164台 
 2011年の実績では合計203台 
 2012年の実績では合計158台 
 2013年の実績では合計154台 
 2014年の実績では合計163台
 2015年の実績では合計193台
 2016年の実績では合計202台
 2017年の実績では合計190台
 2018年の実績では合計190台
 2019年の実績では合計175台です。11月現在

 以上納めさせて頂きました。