株式会社MCE

PG整備



 




東芝製KPGの整備が可能です。
 
 パルス波形は2相(A相、B相)で、位相差は90°
 ON時間とOFF時間の比率をデューティー比といい、理想は1:1
 波高値は約15Vdc以上

 以上のバランスが大きく崩れると、速度検出及び回転方向検出ができなくなり、ドライブ装置故障
 又は電動機暴走という事故に繋がります。
 (一般的には制御装置で保護しています)

 東芝製KPGの場合は位相差、デューティー比が内部で調整可能で、弊社では試験器を使い
 PG波形を見ながらの調整を実施しております。

 整備の内容は
   1.分解
   2.清掃
   3.ベアリング交換
   4.組立
   5.塗装
   6.試験
 以上を実施し、試験成績表を添付しお客様に納めております。

 また、ベアリング不良でシャフトが磨耗した場合でも、シャフト交換が可能です。


    
    



整備可能なPG

東芝製 KPG タイプ

価格・納期についてのお問い合わせはお気軽にメール、TEL、FAXでどうぞ